トップページ社会活動 > ニキニキ未来会議パネルディスカッション

ニキニキ未来会議パネルディスカッション編

2月20日14:00~、仁木町町民センターにて開催される 仁木町振興協議会主催「ニキニキ未来会議」 第2部パネルディスカッション「みんなで創ろう!次世代のための仁木町将来ビジョン」のパネリストの一人として、NIKI Hillsヴィレッジ代表 石川和則が登壇。 ワインツーリズム導入による農業六次産業化による余市・仁木地区の発展の一翼を担うNIKI Hillsヴィレッジ代表として石川和則は、仁木町の将来ビジョンを大いに語りました。

 

ニキニキ未来会議

日時:平成28年2月20日 14:00~17:00(開場13:00)
会場:仁木町町民センター
   余市郡仁木町西町1丁目36-1 参加:無料(定員先着200名) 
   ※要事前申し込み 参加申込方法:080-5830-4412(西俣)に電話連絡
   もしくは info@nikiniki.jp にメールにてお申し込みください。

第一部 基調講演

テーマ:千里の道も一歩から~前に踏み出す力が故郷を創生する
講師:公益社団法人 日本観光振興協会常務理事・総合調査研究所長 丁野 朗

第二部 パネルディスカッション

みんなで創ろう!次世代のための仁木町将来ビジョン
ファシリテーター:株式会社おたるまる代表取締役 松代弘之
パネリスト:株式会社NIKI Hillsヴィレッジ代表取締役 石川和則
      学校法人北海道芸術高校理事長 坂井直樹
      株式会社JTB北海道営業推進担当課長 柳原由美子
      仁木町副町長 美濃英則
      仁木町果樹観光協会会長 大久保俊哉      (敬称略)

2月21日付北海道新聞で「農業と感観光柱に町の将来像探る」と紹介されました。

ニキニキ未来会議

このページの先頭へ

運営DACグループ