トップページ経営者ページ > DACの歴史(1977年~1989年)

石川和則が語るDACグループの歴史(若大将社長時代 1977年~1987年)

三代目社長に就任し、社員16名から再スタート(1977年)

今から考えるとよく引き受けたなというのが本音です。借財は当時の年商を軽く超える金額でした。ただただ若く、自信と言いますか「俺には必ず出来る」という信念のようなものがありました。「赤字や借金も財産である」言い切っていたのですから、今考えると全く無茶な話であります。それでも社員数も100名を越えており、なんとか再建できると思っていたのではないでしょうか。現実には退職が相次ぎ、残った社員はわずか16名。見事に思惑が外れました。その時には随分と人間不信に陥りましたが、「辞めた社員よりも残った社員を大切にしよう」そう思えたとき道が開けました。
1977年10月1日、正式にデイリースポーツ案内広告社の代表取締役社長に就任。困っている私を見て、元会社の先輩であり、当時すでに独立されていた泰洋インターナショナルの小川社長が「うちの事務所を使いなよ」と手をさしのべてくださいました。佐山ビルからへヤマトビルの一角へ移転し立て直しを始めました。


若大将熱血経営時代(1977年~1987年)

再建の始まった最初の10年間は、加山雄三ばりに「若大将熱血経営」を基本として社員指導を行って参りました。俺がやる!俺に付いてこい!俺は兄貴だ!俺に任せろ!まったく三文小説を地でいくような会社経営でありましたが、小さな案内広告代理店時代はうまく機能したものです。
しかし1984年デイリースポーツ案内広告社雑誌部(後のピーアール・デイリー)と観光企画部(後のデイリー・インフォメーション)を設置し、新しい広告分野への挑戦を始めるなど、会社規模が大きくなるにつれ、これまでのような社員と社長の一対一の師弟関係を前提とした熱血社員教育に限界が見えてきました。そこでこの頃より私自身多くの経営セミナーに参加したり、本を真剣に読み始めました。髭も生やしましたし、案内広告の泥臭いイメージを払拭するためDACグループと名乗り始めたのもこの頃です。
とは言えすぐに「若大将」から脱却できたわけではありませんでした。組織を変え、新しい時代に相応しいリーダーの役割を果たしていくには、まず自分を変えていかなければならないのです。

1987年8月デイリースポーツ案内広告社の雑誌部を独立させて、株式会社ピーアール・デイリーを設立させました。私も経営者として次のステップへと踏み出す必要があると感じておりました。


新しいリーダーへ(1988年~1989年)

1988年、1989年は私にとって本当に大きな転機となる年となりました。
まず社長就任時に引き受けた大きな借金を1988年をもって完済しました。私の社長歴において、この時ほど心の底から社員に感謝したことはありませんでした。
さらに10月のソウル・パラリンピックに招待され人生観を変わるほどの大きな衝撃を受けました。 パラリンピックはご存知の通り、オリンピック閉幕後身体障害者の人たちによって競われる大会ですが、車椅子の選手によるレース決勝をゴールで観る機会を得たのです。言葉では表現することの出来ない必死な姿と、レースを終えた後の素晴らしい笑顔は、まさに人間の真の姿を見せられた思いでした。深い感動で涙を流し、心から選手の皆さんに拍手を贈りました。その晩、朝まで眠ることなく38通の手紙を書きました。手紙の結びにはこう書きました。
「人には、生きている限りこの感動が必要だ」

1989年新年、DACグループで初めての年間事業計画書であり、社員にとって人生の手引き書である「スローガン」が完成。そのページ数は120ページ、思い立ってから4年近くが経っておりました。この事業計画書をもって確実に前進したという手応えを感じることが出来ました。このスローガンは2011年の現在も毎年年頭に発行され継承され続けております。
つづいて1989年9月、取引のあった媒体社が主催していたハワイ州マウイ島で見た自転車レースを応援に行くことになりました。世界で一番苦しいと言われるサイクルレース!3000メートルを超えるハレアカラ山、距離60キロ、希薄な空気、貿易風が吹く山頂付近は酸欠状態、スタート気温は30度以上、頂上ゴールは10度以下。「俺はやったぞ!」と叫びながらゴールする選手達を応援しているいるうちに、私もこのレースに出てみたい。その戦う姿を、家族や社員に贈りたいという気持ちを抑えられなくなります。その場で来年の出場を宣言すると「ははは、石川さん、絶対無理。」と笑われてしまいました。しかし私の決心は変わりませんでした。
・・・こんなことは一個人としての「石川」にとって大きな意味があるだろうが、経営者としての「石川」と何の関係ないのではないか?と疑問に思われた方はいらっしゃいませんか?実は大いにあるのです。なぜなら私はこのレースへの挑戦を通じて、これまでの殻を破り、新しいリーダーとして生まれ変わることが出来たのです。


1978年の石川和則


1990年までの本社ビル(ヤマトビル)


1984年髭を生やし始めた頃の石川和則


DAC野球チーム「デイリーアトムス」。監督・投手・4番は石川

DACグループの歴史


1977年10月1日 石川和則、代表取締役社長に就任。本社をヤマトビル6Fに移転
1978年 業務拡張により、同ビル7Fに移転
1984年3月 デイリースポーツ案内広告社 雑誌部を神田の柴田ビルに設置
初めて新卒採用を行う
1986年3月 デイリースポーツ案内広告社 観光企画部を神田の中村ビルに移転
1987年8月 雑誌部を株式会社ピーアール・デイリーとして法人化

このページの先頭へ

運営DACグループ