冒険家 石川和則
トップページ > 冒険家ページ

世界秘境探検家としての石川和則

石川和則は、アニマル石川という世界秘境探検家の顔を持っています。1989年韓国・ソウルで行われたパラリンピックで得た感動を契機に、米ハワイ州マウイ島のハレアカラ山自転車登頂レース「サイクル・トゥ・ザ・サン」に参加し、アマチュア記録を更新。爾来、タクラマカン砂漠横断、エベレスト登頂、キリマンジャロ登頂、北極点到達、氷結の間宮海峡歩行走破等に挑戦してまいりました。その極限状況の中で生まれた大自然と地球への感謝と畏敬の念、さらに冒険達成時の「感動」をより多くの人に伝えたいと考え、65歳を迎えた今も挑戦を続けております。
2012年1月15日、人類南極点到達100周年を記念して、冒険家舟津圭三、松本愛明(71歳)、大重信二と共に歩いて南極点に到達。2014年6月23日北米最高峰マッキンリー(標高は6,168m)の登頂を果たしました。

アニマル石川の冒険記録

マッキンリー

2014年6月23日
DACセブンサミットプロジェクト第3弾!北米大陸最高峰のマッキンリー山に登頂成功

詳細を見る

冬季サハリン

2014年5月2日~20日
世界最高峰エベレスト山のベースキャンプ(5,300m)に社員とともに到達。

詳細を見る

アラスカ

2011年12月31日~2012年1月25日
南緯89度よりクロスカントリスキーで南極点到達

冬季サハリン

2011年7月19日~30日
アラスカのランゲル・セントエライアス国立公園内にある世界最大級の氷河バグリーアイスフィールドに挑戦

アラスカ

2011年4月9日~4月25日
南緯89度よりクロスカントリースキーで北極点到達

 

冬季サハリン

2010年4月25日~5月10日
トルコの世界遺産を巡る旅

アラスカ

2010年2月24日~3月10日
メキシコ古代遺跡を巡る旅

冬季サハリン

2004年3月22日~23日
樺太(サハリン)とユーラシア大陸を結ぶ間宮海峡をアイスウォークで横断

詳細を見る

北極点

2001年8月17日~9月1日
地球頂上、北極点に立つ!ロシア海軍の原子力破氷船ヤマル号で北極海縦断

詳細を見る

キリマンジェロ

1999年8月5日~18日
アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロの頂上に立つ!ヘミングウエイへの挑戦

詳細を見る

エベレスト

1997年10月19日~11月9日
世界最高峰エベレストのベースキャンプ(5850m)を訪ねる。

詳細を見る

モンゴロイド

1996年8月5日~21日
南米一周・インカ帝国の遺跡を訪ね、モンゴロイドの足跡をたどる

詳細を見る

タクラマカン砂漠

1995年10月7日~28日
中国・タクラマカン砂漠を横断、民間人として初めて幻都「楼蘭」を訪ねる

詳細を見る

モンゴロイド

1990年8月5日
ハレアカラヒルクライムレース出場。 アマチュア世界記録達成

詳細を見る

アニマル石川冒険&アウトドア最新ニュース

一覧へ

2017年4月14日
公益財団法人日本極地研究振興会メールマガジン第9号に石川が寄稿。

「南極・北極地域の研究、教育活動を助成し、研究成果等の普及・啓発を行う日本極地研究振興会のメールマガジンに「秘境探検から学んだこと」というタイトルで寄稿しました。

詳細を見る


2016年8月11日
埼玉新聞「山の日」特集にて、北米最高峰デナリに登頂した経営者として石川が紹介されました。

「山の日」にちなんで、石川が山の魅力、そして挑戦することの大切さを語りました。

詳細を見る


2015年11月1日~
DACセブンサミッツプロジェクトWEBサイトOPEN

DACグループ創立50周年記念事業としてセブンサミッツ(七大陸最高峰)を社員の足で完全制覇するプロジェクトを進行中です。

セブンサミッツプロジェクトWEBサイト


2015年5月1日~
冒険家 舟津圭三、北海道余市郡仁木町のNIKI Hillsヴィレッジにて総支配人に就任

米国アラスカフェアバンクスを拠点に長らく活動を続けいていた冒険家 舟津圭三は、石川和則の誘いを受けて、一般農業法人NIKI Hillsヴィレッジ(2005年1月設立/北海道余市郡仁木町)の社員となりました。
石川が新会社として設立した一般農業法人NIKI Hillsヴィレッジ及び農業生産法人NIKI Hillsファームは、農業の六次産業化によるワイナリーを建設することで、地域再生と雇用創出、さらに北海道余市郡余市川一帯のワイナリー化プロジェクトを推進する一社として活動を続けています。
近い将来、この地に冒険博物館を建設する予定。舟津が館長をつとめ、訪れる青少年に冒険の楽しさや大自然の素晴らしさを伝えていく予定です。


2014年6月23日
DACグループ創立50周年記念事業
セブンサミット・プロジェクト第3弾 マッキンリー山、第4弾 エルブルス山に登頂成功!

DACグループ50周年記念事業の1つとして、社員によるリレー形式で世界七大陸最高峰を目指す「セブンサミット・プロジェクト」を実施中です。

これまでに、第1弾として2012年8月、女性社員6名がアフリカ最高峰キリマンジャロに全員登頂成功。続く第2弾は、2013年2月、南米最高峰アコンカグアに男性社員3名が全員登頂を果たしました。

第3弾は北米最高峰マッキンリーにアニマル石川自らが挑戦し、2014年6月23日に見事登頂成功。また、2014年8月18日には、ヨーロッパ最高峰エルブルス山に役員、還暦を超えた社員を含む3名が登頂成功しました。

2014年7月東京東信用金庫主催ビジネスフェア2014配布「アニマル石川マッキンリー登頂」号外表面

2014年7月東京東信用金庫主催ビジネスフェア2014配布「アニマル石川マッキンリー登頂」号外裏面


2013年8月31日~9月4日
あびこ市民プラザにて「あびこのガキ大将 世界10大冒険写真展」1,000人超の来場で盛況のうちに終了。

アニマル石川と冒険仲間たちが17年間に撮りためた冒険写真を一挙公開しました。

詳細を見る


アニマル石川の冒険語録

アニマル石川の冒険語録

過酷な自然と向き合い、死と隣り合わせの状況を乗り越ながら生まれ出た言葉の数々。若き挑戦者へのメッセージ

アウトドア

アニマル石川が挑戦した冒険のバックボーンには、様々なアウトドア体験があります。

石川和則の社長語録

海の世界

スキューバダイビング(PADI OPEN WATER DRIVE)
ヨット(1級小型船舶操縦士免許)
サーフィン

石川和則の社長語録

ゴルフの世界

ゴルフ優勝歴29回
(第33回ゴルフジャパン・アマチュア選手権優勝)

石川和則の社長語録

自転車の世界

自転車レースの名門チーム・高村ラバネロのメンバーとして訓練・教育を受けました。

冒険サイトリンク集

DACセブンサミットプロジェクト

DACグループ創立50周年記念事業「セブンサミットプロジェクト」とは?

舟津圭三

公益財団法人日本極地研究振興会メールマガジン第9号に石川が寄稿。

舟津圭三

石川和則の友人でもあり、北極点到達のツアーガイドでもあった世界的犬ぞり冒険家・舟津圭三のWEBサイト。舟津圭三は一般社団法人DAC未来サポート文化事業団の理事にも就任。

倉岡裕之のページ

DACアコンカグア男性登頂隊のガイド倉岡裕之氏のWEBサイト。石川和則のご近所さんでもある。

ウエック・トレック

DACキリマンジャロ女性登頂隊のガイド古野淳氏が代表取締役社長を務める山岳コンサルティング会社ウエック・トレックのWEBサイト

チームラバネロ

石川和則がハレアカラ自転車レース出場時にお世話になった自転車チーム・ラバネロのWEBサイト。オリンピック、パラリンピック出場選手を多数を輩出する名門。

このページの先頭へ

運営DACグループ