トップページ冒険家ページ >セブンサミッツプロジェクト達成記念 記者発表会

DACセブンサミッツプロジェクト編

2018年6月4日、「DACセブンサミッツプロジェクト 達成記念 記者発表会」を開催。

DAC グループ代表 石川和則は、極限状況で生まれた“感謝”の気持ちと、冒険で得た“感動”の大切さを次代に伝えるべく、2012 年2月、DACセブンサミッツプロジェクトを発表。全社員にその挑戦を開放しました。
有志の襷で繋いできた本プロジェクトは、2018年5月17日アジア大陸最高峰エベレスト制覇をもって完遂しました。
それを受け、日本外国特派員協会にて「DACグループ セブンサミッツプロジェクト 達成記念 記者発表会」を開催。 本プロジェクトに関わった6名が登壇し、多く集ったマスコミの方々からの質問やインタビューに応えました。
記者発表会後、6月4日放送のTBS(およびJNN系列各局)『Nスタ』をはじめ、6月5日付の『デイリースポーツ』など様々なメディアにて本プロジェクトが取り上げられています。

 


 

<登壇者(左より)>
●石川 和則(DACグループ代表/プロジェクト第3弾・デナリ登頂/プロジェクト発足者)
●前山 敏行(DACホールディングス常務取締役/プロジェクト第4弾・エルブルス登頂/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●上山 弘平(デイリースポーツ案内広告社 経理部 部長代理/プロジェクト第2弾・アコンカグア登頂/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●伊藤 孝浩(デイリー・インフォメーション北海道 営業部 係長/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●倉岡 裕之(山岳登攀ガイド/日本人最高エベレスト登頂回数(9回)保有/第2弾・アコンカグア、第4弾・エルブルス、第6弾・マウントビンソン、第7弾・エベレストでガイドを務める)
●舟津 圭三(冒険家/NIKI Hills総支配人/220日間をかけ、6人の国際隊の一員として南極大陸6,040kmを犬ぞりで横断/プロジェクト第1弾・キリマンジャロ、第3弾・デナリでガイドを務める)

(7)2018年5月、世界最高峰エベレスト登頂

 

(6)2017年1月、南極大陸最高峰マウントビンソン登頂

 

(5)2015年11月、オーストラリア大陸最高峰コジオスコ登頂

 

(4)2014年8月、ヨーロッパ大陸最高峰エルブルス登頂

 

(3)2014年6月、北米大陸最高峰デナリ石川和則、登頂

 

(2)2013年2月、南米大陸最高峰アコンカグア登頂

 

(1)2012年8月、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂

このページの先頭へ

運営DACグループ